結婚しようと考えている人は、とても気になる事があるのでは?
それは費用の負担に関してです。

婚約指輪や結婚指輪、結納の代金というのは、誰がどのくらい負担するものなのか?
なかなか難しい話になってきますよね。

そもそも、婚約指輪がまず最初に出てきますよね?
このエンゲージリングというものは、結納の一部として男性が女性へ贈るものなのです。

ですから男性が負担するということは、ご存知だとは思います。

これは女性も、ありがたくいただくことができますよね。

しかし、結婚指輪となると、二人で愛を誓うものであり、二人で結婚後にはめておく指輪になります。

そうなってくると、費用の負担というものも、男性だけに負担をかけるというのは、実は間違っているのです。

一般的には、男女が半分づつ費用を負担することが多いのですが、そういった事を理解していない人は、男性が負担するものだと思い込んでいる場合があります。

ですが、結婚を二人で協力していく、これから永遠を誓う、そのために指輪を交換する。

このように考えると、結婚にかかる費用を半分ずつ負担するのは、当たり前だとわかりますよね?
男性が女性に半分負担しろとは、言いにくいものです。

女性も一緒になって積極的に費用の負担をしていくことが、大切です。

◇関連記事:http://zexy.net/mar/manual/kiso_okane/chapter1.html