結納の時にはどんな服装で行くべきか?歴史を知ろう

みなさんは、結婚指輪の意味をきちんと知っているでしょうか?
日本では結納の一部として婚約指輪を用意して、その後、とりあえず買うという人が多いと思います。
しかし、指輪の意味を知る事で、より一層大事にする事ができるようになるでしょう。

結婚後、新郎新婦がつけることになる指輪が、結婚指輪なのですが、日本ではこの事をマリッジリングと呼んでいます。

本当であれば、ウェディングリングなどと呼ぶのですが、日本ではマリッジリングと呼んでいますね。

デザインとしては、常日頃身に着けるというものになるので、シンプルなものが主流。

その中に、1粒ダイヤを入れてみたり、少し飾りを入れて普段使いができるくらいのシンプル加減を演出するのが、基本的なデザインです。

結婚前の大事な儀式に結納があります。
結婚する両家が正式に合う場所なので、それなりにふさわしい服装をしなけれがなりません。
お互いに恥をかいてしまいますので、気をつけましょう。
>>結納の時の服装で注意すべきポイントまとめ | 人気の結婚指輪・婚約指輪ランキング

さて、古代ローマ時代に、結婚指輪を取り交わすという風習がはじまりました。

初期の素材は鉄だったのですが、後期には、金に変わっていきました。

現在欧米では金を使ったマリッジリングが主流なんです。

日本ではプラチナの人気がとても高いですね。

このように、歴史のあるものが、今もなお続いているということがわかります。

だからこそ、一生ものという価値があると思えるのではないでしょうか?